鶴田電機TOP › 太陽光発電用トランス

太陽光発電用トランス

太陽光発電用トランス
FIT型 低圧配電線系統接続SPIシリーズ
FIT(Feed-in Tariff)とは固定価格買い取り制度で再生可能エネルギーの普及促進を助成する政策として始められ、発電した電力の全量買い取りと余剰分の買い取りがあります。
FIT型の太陽光発電システムでは太陽光パネルで発電された直流電流が系統側(送電線)に流れることを防止しなければなりません。
また、逆に送電線から突入する雷サージからシステムを守らなければなりません。さらに売電収益を上げるためには過積載に対応する必要があります。
これらを可能にするのがSPIトランスです。 詳しくはこちら
全量自家消費型 自家消費型システムSPSSシリーズ
全量自家消費型は再生可能エネルギーの全量を自家消費して電気料金の節約と共に地球環境の保全に貢献できるシステムです。
太陽光発電システムでは発電量が使用量を上回った場合の逆潮流という最大の問題があります。太陽光パネルで発電した電力の余剰分が送電線へ流出することを防がなくてはなりません。
ブレーカーで遮断する方法は簡単ですが効率が悪く太陽光パネルの発電量をリアルタイムに調整することが理想です。雷サージからシステムを守ることも当然必要です。 これらを可能にするのがSPSSシステムです。 詳しくはこちら

いろいろな問題、鶴田なら安心!

迅速対応がモットーです!

  • お問い合わせ、お見積もり
  • 海外規格サポート
  • トランス製品フォーラム