鶴田電機TOP > 太陽光発電用トランス

太陽光発電用トランス

太陽光発電用トランス

SPI(Sun Power Isolation) Transformers
SPIトランスは、産業用太陽電池発電システムにおける低圧配電線系統接続用への絶縁を目的としたシリーズです。
 SPIトランスシリーズは、4つの機能を持っています。
日本の低圧配電線系統の200Vの出力に変換するトランスとしての①電圧変換を基本として、各電力会社様から要望されている、②直流電流防止機能を行うことで、系統に対して綺麗な電力供給を行います。
パワコンへは系統から雷サージが入る事があり、パワコンにサージアブソーバーがついていますが、落雷の頻度が高い場合には、サージアブソーバーは、その保護の機能が弱くなり結果的にパワコンを故障させる原因になります。弊社は実績豊富な耐雷トランスメーカーとして、長年にわたり製品を供給してきました。この技術を基にして、③SPIトランスに耐雷機能を持たせています。 太陽電池からのエネルギーをフルに生かすためには、パワコンとトランスに④高効率を求められます。
さらに夜間の待機電力を低減させたSシリーズ(アモルファス)トランスもリリースしています。 この一番大切な原点を大切に開発した製品がSPIシリーズです。

接続概念図

Type Zシリーズ

方向性電磁鋼板を採用した、普及型のZシリーズです。
Z:方向性電磁鋼板の性能をフルに発揮させる最適設計を行い高い変換効率を達成することができました。
日本はもとより、世界各国のパワコンに対応するために、各パワコンの出力電圧に対応できる種類を準備しています。
また電力会社様からのご要望に合わせて、ブレーカーや漏電遮断器を取り付けた製品もございます。

Type Sシリーズ

高効率を低損失のためにトランスのコアにアモルファス(非結晶材質)を採用したトランスで高効率97.8%を誇ります。 高圧トランスのトップランナー方式と同様に、無負荷電流を低減でき、無負荷損失を16%抑えることにより、売電金額をアップ出来ると同時に夜間 の待機電力を低減出来ます。

50KVA 電磁鋼板コア 効率 97.4% 無負荷損失 160W
50KVA アモルファスコア 効率 97.8% 無負荷損失 26W
製品PDFカタログダウンロード

太陽光発電用絶縁変圧器
SPIシリーズ

SPIシリーズ

高効率、低損失の絶縁変圧器です。太陽光発電所における配線短絡事故が起きた場合の系統側への短絡事故を未然に防止するためのブレーカー・漏電遮断器を組み合わせる事が可能です。

いろいろな問題、鶴田なら安心!

迅速対応がモットーです!

  • お問い合わせ、お見積もり
  • 海外規格サポート
  • トランス製品フォーラム